無料で見ることが出来るドラマや映画を紹介するサイトです。最新作や名作も多数。

VODドラマニア

国内ドラマ

「ミスデビル」第10話(最終回)無料動画はここ!ネタバレと感想。

更新日:

注意!「ミスデビル」第10話(最終回)のネタバレ内容を含んでいます。

ドラマの内容を知りたくないかたは見ないことをオススメします。

 

 

「ミスデビル」第10話(最終回)が無料で見られる動画配信サービス

 

 

huluならたった月額933円(税抜き)で最新動画が見られます。

違法なサイトで見るよりも安全高画質です。

2週間トライアル期間があり、登録も解約も簡単です。

 

huluの無料トライアルとは?登録から解約まで徹底解説!

 

 

 

「ミスデビル」第10話(最終回)のネタバレ、あらすじ

 

 

 

ホテルアックス火災の偽装工作を認めた大沢。

 

保険金を支払わなくて済むという誘惑にあがらえなかったと言うが、
「それを突き止めたくてここへきたのか?

あれから16年も経っている。今更誰も罰することはできない。」
と大沢は椿に言った。

大沢の発言を聞いた博史は反論。
「そういうことではありません!あなたのしたことによって、

辛い思いをした人がいるんですよ?」

 

椿は「しかし、縣殺しについては?やったのは、本当に秘書の本橋さんですか?」

椿はホテルアックスの偽装写真を引き換えに、

アメリカに逃げようとする大沢に父の行方を教えて欲しいと持ちかけた。
椿の父は、火災事件があり行方不明になっていた。

 

「それが君の求めるものなのか?」

 

大沢は16年前、椿の父に偽装を問い詰められた縣は、椿の父を殺した。

そしてホテルの跡地に埋めたことを伝えた。

 

 

椿はホテルの跡地へと向かい、石碑のある場所を掘り起こした。
博史も一緒に向かい、椿と一緒に父の遺体を探した。

椿は「お父さん‥どこにいるの‥」と泣きながら必死に堀り続けた。
しかし、椿の父の遺体は見つからなかった。

悪魔のような眞子が取り乱す様子を初めて見た博史驚き混乱した。

 

 

翌日博史は出社すると、会社の前にマスコミが集まって質問攻めに合った。
博史は椿のことを心配していた。

が、ちゃんと出社していた。

一方、病院に運ばれた会長が意識を取り戻した。

 

 

柴田は会長に謝った。

千紘はずっと会長に付き添っていたが、会社から呼び出しがあり戻っていった。

会社では退職者希望者が続出していた。

 

共亜火災の株は大暴落し、投資会社グッドマンキャピタルの曽我部が

投資の申し出をするが、椿は曽我部は信用ならないと千紘に忠告した。

 

そんな中、会長の秘書から誤解を解きたいと、千紘に母と会長が別れた理由を知らされた。
千紘は、母が何も言わなかったから会長が自分と母を捨てたと思っていた。

 

しかし、本当はそうではなかった。

会長はその時部長になれるかどうか大事な時。

 

そのため千紘の母は、悪い噂が立ってはいけないと身を引いたのだ。

会長は、千紘の母は聡明でとても素敵な女性だったと伝えた。

千紘は、本当のことが知れてよかったと笑顔を見せた。

 

 

16年前のホテルアックスの偽装工作の件が週刊誌にすっぱ抜かれてしまった。
いったい誰がこの記事をリークしたのか…

 

椿は曽我部に会いに行った。
「またお会いするかと思いますが。」
と挨拶をして去っていった。

 

 

週刊誌を見た千紘は、椿に謝りに行った。
「あなたの誠意はありがたく頂戴いたします。

もし、世間にこの事を打ち明けると多くの社員が路頭に迷うことになりますよ。」
と告げた。

 

椿は会長のもとへ向かった。

そこに大沢も現れた。

父が見つからなかったと報告。
そして、大沢が週刊誌にネタを売ったのではないかと問い詰めるた。
椿は大沢が何をしようとしているのかようやくわかり始めていた。

 

 

一方、博史は父から呼び出され全てを打ち明けられてていた。
大沢と博史の父・修とは親友だった。

 

大沢はホテルアックスのことを、涙ながらに修に打ち明けた。

しかし、秘密を共有した修は博史が共亜火災に入社したことにより、

秘密を隠し通すことに追い詰められるようになっていた。

 

大沢社長からの電話を立ち聞きした母は、

縣のやったことが修を苦しめていることを知り、母は縣に脅迫状を送った。

 

博史の両親は警察に行き全てを話したという。

父は息子のために、母は夫のために‥

全ては家族を守ろうとした両親の愛であったことを知った。

 

 

椿は博史を連れ、会長の病室を訪れ、父のことを話し始めた。
椿の父は仕事熱心で、家族を特に椿を大事にしてくれたという。

 

椿も父が大好きだった。

アップルパイを作ってくれ、手先が器用であやとりで遊んだ。
父は愛情を持って仕事をしていた。

 

父はホテルアックスの仕事を楽しんでやっていたようだった。

失ったことだけを見て、不幸と断定するのはあまりにも父に失礼すぎる。

 

会長は涙を流しながら「ありがとう」と言った。

会長は、共亜火災は幸せの職場になれますかねと椿に問いかけた。

 

すると博史は
「今の仕事が、共亜火災が好きで、生まれ変わっても今と同じ仕事ができたら幸せだ。

こんな好きな仕事だから、いい仕事をする、いい会社であってほしいと言った。

 

椿は会長の病室を出ていった。

会長は、千紘がこの後どうこの事件のことを処理しようとも千紘の味方だと言った。

 

 

そして千紘はホテルアックスの件について全てをマスコミの前で話すことを決意した。
しかし、グッドマンキャピタルの曽我部が阻止しようとする。

千紘を守ろうとした博史はあっけなく抱きかかえられてしった…

が、そこに眞子が現れ、博史を救出した。

 

 

千紘の手を無理やり引き、会見を邪魔しようとする曽我部に椿は回し蹴りをして撃退した。
千紘は記者会見の会場に向かい、全てを話そうとした。

 

するとそこに大沢が現れ、全て自分の判断でやったことだと話し始めた。
そして会見後、ニューヨークの企業との業務提携したと契約書を渡した。

 

 

これで傾いた共亜火災を守ることができる。

そして、大沢は改めて椿の元に行き謝罪した。

 

椿は、会社を守るために偽装を行った大沢を恨んでいないと言った。
縣は、偽装工作をネタに大沢を脅し始めた。

 

 

その様子を見た本橋が大沢を守るために、縣をブロックで殴って命を奪ってしまった。

そして、大沢は本橋と一緒に縣の遺体を埋めた。

本橋は大沢を尊敬しすぎた結果の行動だった。

 

大沢は全ての罪を認め、自らの人生を捧げた共亜火災を去っていった。

その後、共亜火災は規模を1/10に縮小し営業を続けることとなった。

 

残るものがいれば去るものもいる。
みんな、これからどんな風に人生を送るのか考えていた。

 

その後、千紘は社長に就任。

会長の元には椿から父の日のお祝いとしてアップルパイが送られた。
千紘は、父の日おめでとうございます。と伝えた。

 

 

後日、博史の前に椿が現れた。

椿は父をこれからも探し続けると言った。

そして博史にも自分の人生を見つけてほしいと言った。

 

「できるでしょうか‥?」と弱気になる博史。
椿は、「父を探すこと。仕事をすること。それは私の人生です。」と言った。

 

そして椿はは、博史の欠点を言いまくった後、だから大丈夫と言い去っていった。

ひったくりが椿の前を通ると、いつもの回し蹴りで倒した。

 

 

 

 

 

「ミスデビル」第10話(最終回)の感想

 

全ての謎がとけ、すっきりと終了。
でも、お父さん…どこに行った?

どこに埋めた?掘ってる時、研修で穴を掘っていたことを思い出した。

まさか…あの穴掘りはこの時のための体力作りだった?

まぁ、そんなことはないか。

これからもお父さんを探すって…まだ穴を堀り続けるのかな?

そういうこと?実は、生きてたとか?

でも殺したって言ってたから違うか。

縣の、死んだ原因があっけなすぎて笑った。

というか、つまんなかった。

本当に秘書が殺してたなんて…

社長が殺して、それをかばって身代わり出頭なのかと思ってた。

博史の父はもっと重要なポジションかとおもっていたが、なんだ。

ただ知っていただけか。

じつは、この犯罪に手を貸していたとかだったら面白かったのに。

 

お母さんも脅迫文出しただけかー!

なんだー!そしれそれはみんなを守るためだーなんて。

家族愛かよ!なんだよ。

妹の空気読めないというか、楽天的なとこ。

ちょっといらっとした。

博史。あんなに椿にいろんなことをされ、

会社の嫌な部分を見て、それでも会社が好きだって…

そんなに会社を好きになれるなんて羨ましい。

それに、普通新入社員があんなに会長と話ができたり、

社長に意見できるとかあり得ない!

あんなこと言ったら飛ばされそうだし、それこそ辞めさせられそう。
会長秘書の柴田は、もっと会長を裏切っている…

なーんて予想していたけど、千紘と会長が親子だったって話しただけか!

もっと裏切ってれば面白かったのに…。

 

ちょいちょい悪そうな表情だったんだけど…期待損だった。
会長と千紘。いい親子関係になりそう。

でも、え…部長になれるかで悪い噂が広まらないように母は身を引いたって…そんなのありー?
なんか、理由が普通すぎてピンと来なかった。

千紘が社長か。いい会社を作れそう。

会長が求めていた、社員は家族。その意思を受け継ぎそう。

椿は辞めるのか…最後に、大沢にあなたは会社を辞める権利があります。

って言って欲しかったな…

意外とあの言葉、スッキリするんだよね。

博史をよく連れ回した椿。彼はたくさん成長したと思う。

けど、新入社員が会見する、千紘のサポートするかね?

そこ違うくない?ドラマとはいえ…現実と見比べてしまう…。

椿は…よく鏡を見て「私は誰?」って言ってたけど、あれは何だったんだろう…

名前を交えて生きてたから?

椿と博史。なかなかなコンビだったかな。

博史は弱っちくて、頼りないけど…

本当にジャニーズだってことを忘れてた。

ダメダメな社員ばかりの会社…

社長もこれじゃあね…

こんな会社、私だったら働きたくない。

 

 

 

-国内ドラマ
-

Copyright© VODドラマニア , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.