無料で見ることが出来るドラマや映画を紹介するサイトです。最新作や名作も多数。

VODドラマニア

国内ドラマ

ラブリラン第10話(最終)の無料動画はここ! ネタバレと個人的な感想も!

更新日:

とうとう最終話になりました!

さてどんな結末がさやかと町田くんに待ち受けているのでしょうか!笑

注意!この記事は「ラブリラン」第10話のネタバレ内容を存分に含んでいます。

ドラマの内容を知りたくないかたは見ないことをオススメします。

つまらなくなっちゃうからね。

 

 

「ラブリラン」第10話が無料で見られる動画配信サービス

 

 

huluならたった月額933円(税抜き)で最新動画が見られます。

違法なサイトで見るよりも安全高画質です。

2週間トライアル期間があり、登録も解約も簡単です。

 

huluの無料トライアルとは?登録から解約まで徹底解説!

 

 

 

「ラブリラン」第10話のネタバレ、あらすじ

 

 

 

さやか(中村アン)は約束の場所で町田翔平(古川雄輝)を夜の0時まで待っていたが、町田は現われなかった…。
さやかは町田の事をあきらめ、ずっと片想いしてきた鷺沢亮介(大谷亮平)のもとへ行った。

一方の町田は、元カノの小笠原杏子のもとへ。
お互いに“正しい場所”に行った。

 

 

町田は以前持っていた航空チケットが見当たらず焦っていた。

雑誌に挟んでいたはず…どこに行ったのか分からなかった。

当日、さやかと町田はぎこちなかった。
さやかは何をするも上の空だった。

それは、町田が女の人と仲良く話している姿を見て不安だったからだ。

「こんなの、亮介のときとは違った…」とさやか。
「もううんざりなんだよ!」と町田。

そのときは、町田は杏子に仕事の相談をしていただけだったが、それをさやかに言えずにいた。

 

 

ある日、さやかは町田が会社を辞めロンドンに行くと聞いて困惑した。
前から行く予定はあったが、前回はさやかが記憶を失ったため断っていた。

 

 

さやかは町田に会いに行った。
「いついくの?」とさやか。

「準備が出来ればすぐに。ロンドン行きはあんたと暮らしていた時から決まってた。」と町田。
そんなとき、隼人が町田に会いに来た。

「ロンドンに行くこと、隼人くんは知ってたの?」とさやかは隼人に聞いた。
「うん。武田さん。前の会社のディレクターなんだ。

町田は前の会社で失敗を全部町田に押し付けられて辞めて、さやかさんと同じ会社に入った。

武田さん、気にかけてくれてて、町田が辞めた後に武田さんも辞めたんだ。

そして、ロンドンに誘われた。でもさやかさんが記憶をなくしたとき、断ったんだ。

さやかさんが記憶を戻すまでは側にいるって。」

 

さやかは亮介の家に戻った。

隼人は、町田にこのままでいいのか聞いた。

「会社を辞めた後、イライラしてたんだ。そのとき、あいつのおかげで元気もらってた。

でも、気付いたらあいつの笑顔を奪ってた。

だからこれでいいんだ。もう見たくないんだ。さやかのあんな顔。」

と町田は自分に言い聞かせていた。

 

 

さやかは友美にいらなくなった服をあげにいった。
「いいの?貰っても。あーこれ染み付いてる。」

そんなとき、ある記憶が蘇る。
「…え?町田くん、ロンドンに行くんですか?」

と誰かとカフェで話しているところだった。

 

町田のロンドン行きが正式に決まった。

 

亮介は町田のもとに行った。
「記憶がないと分かってて、なぜまだ一緒にいた?

やり直せると思ったんじゃないのか?」

と亮介は町田に詰め寄った。

「あなたはそう言っていつも彼女の為にになりふり構わず行動して…

彼女の心からあなたの姿を消すことが出来なかった。

あの日思ったんです。

彼女のなくした記憶と共に、俺達の事を取り戻せるかもしれない。」

 

「そんな程度なら彼女を渡せない!」
と亮介は町田を殴った。

「よくわかった。お前じゃさやかを幸せにはできない!」
そういって、亮介は去っていった。

 

 

さやかは町田の家から持ってきた荷物を整理していた。
そのなかにあった町田のロンドン行のチケット…

 

 

その頃、杏子は、町田に聞いていた。
「私のこと好き?私は嫌い。こんなの私じゃないから。

私にも2度目があると思ったけどダメだった。さやかさんが記憶を無くす前、会いに行ったの。

ロンドンに行くことを伝えた。私も翔平の夢を守りたかった。

ロンドンに行かないって聞いた日、さやかさんに会いに行って殴ってしまったの。

良くない。あなたたちはまだ終わってない。まだ間に合う。」

 

さやかも杏子から、聞いたことを思い出していた…

町田はさやかに会いに行った。そしてやさかも。

 

さやかは町田にロンドン行きのチケットを渡した。
「私、全部思い出したの。」

「杏子から聞いた。嘘だったんだな。あの人が好きだって。」
「辛かった。町田くんとの恋は辛かった。忘れたかった。

だから、もうあなたのことは思い出したくないの。」

 

 

休日。さやかは亮介の家を出て、一人暮らしをすることにした。
「見送りに行ってこいよ。ちゃんと会って、気持ち伝えてこいよ。また手放すのか?」と亮介。

「邪魔したくないの。町田くん。1度私の為に諦めた。」さやかはまだ進むことができないでいた。
「2度も同じことしてんなよ。同じままでいいのか?あいつが変えてくれたんだろ?もう逃げるな。」

「ありがとう。亮ちゃん。」
さやかは空港に向かった。

 

「ごめん町田くん。私、逃げてた。私がいても邪魔になるんじゃないかって。

距離が離れてしまったら、心も離れるんじゃないかって。忘れたくて忘れた。

でも同じことを繰り返したら2度目の意味がない。

今のこの気持ち忘れたくない。今度は絶対に忘れないから…」

町田はさやかを抱き締めた。

 

「俺が忘れさせない。ずっと好きだったよ。」
そして二人はキスをした。

 

一年後、
亮介と瑞希は仕事のパートナーとしてうまくやっていた。
隼人は副店長になっていた。

 

 

そして…
町田は帰国。
さやかと町田は「おかえり」と笑顔で抱き合った。

 

 

 

「ラブリラン」第10話の感想

 

終わった…。毎週楽しみにしてたのに。

もう町田の笑顔を見ることはないのかと思うと寂しい。

さやかの記憶が今回でちゃんと戻り、全てが繋がった。スッキリ!
杏子がさやかに殴った場面も繋がったー!

 

あれは、町田がロンドン行きを断ったからなのねー!

いや、急に殴られたらワケわからんでしょ。

杏子が、町田のことが好きなことは分かった。

でも、さやかにに取られたことが悔しかったんじゃないかな?っても思う。

あんな女より私だよね!って強気な女パターン。

 

でも、自分のしたことを認め、ちゃんと町田に伝えたのは良かったな。

やるせなかったのは、その時の杏子の服がものすごくダサかったということ。

 

このドラマ、ファッションが良かった!

みんな可愛かったのに、最後が物凄くださーい!ガッカリ。

何であの衣装になった?モデルってあんな服着るの?

衝撃だったのが、隼人。

あれ?さやかの味方なのだろうと思っていたんだけど。

 

違った?

町田がさやかのためにロンドン行きを断ったのを知っていたのになぜ言わなかった?

意味わかんない。

友美。子供は産まれたのー?

さやかが服をあげに行ったのわざわざカフェじゃなくてもよくない?

妊婦なのに荷物を持たせたらダメじゃん?

 

一年後に友美は出てこなかった!

何故?隼人も亮介も瑞希も出てきたのにー!

瑞希。最後はちょっとしか出なくて…

結局は亮介いい仕事のパートナーになったってことだよね??

そういうことでいいのかな?

やーーーっとさやかと町田が恋人同志に!長かったな…。

お互いがお互いを思って…ってもう…

本当の気持ちを言いなよー!

って何度思ったことか!

 

手ぶらで空港に走って行ったけど…あの…お金持ってたんでしょうか?

そして、よく広い空港で町田に会えたよね!

しかし、一年後に、帰国したけどそれは一時帰国なのか?

完全帰国なのか??

 

社長はいっときロンドンにいてもらうことになるとか言ってたけど…。謎。

まぁ…その辺はドラマですから。

最後の最後に、町田の安心した笑顔が見れて良かったー!

貴重な笑顔だったよー!可愛い町田。

全てが納得して、皆が新しい生活に。

成長できてハッピーエンド。

良かったんじゃないかな!

これで二人はお別れ…なんてなったらつまんなかったはず。
原作は読んでないけど、比べずに見れたので満足。

マンガ。読んで見ようかな?

最近、恋愛ドラマで面白いのは少なく…

久し振りに楽しく見ることができて良かった。

中村アンの演技は…周りに助けられたというところでしょうか。

今後の演技に期待。

 

 

-国内ドラマ
-

Copyright© VODドラマニア , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.