無料で見ることが出来るドラマや映画を紹介するサイトです。最新作や名作も多数。

VODドラマニア

国内ドラマ

崖っぷちホテル第9話の無料動画を視聴!ネタバレ、感想も。

更新日:

注意!「崖っぷちホテル」第9話のネタバレ内容を含んでいます。

ドラマの内容を知りたくないかたは見ないことをオススメします。

 

 

「崖っぷちホテル」第9話が無料で見られる動画配信サービス

 

 

huluならたった月額933円(税抜き)で最新動画が見られます。

違法なサイトで見るよりも安全高画質です。

2週間トライアル期間があり、登録も解約も簡単です。

 

huluの無料トライアルとは?登録から解約まで徹底解説!

 

 

 

「崖っぷちホテル」第9話のネタバレ、あらすじ

 

 

 

王女たちの滞在が話題となり、一躍時のホテルとなったグランデ・インヴルサ。
このままいけば、2年で黒字!と意気込んでいた。

 

テレビの密着取材も組まれ浮かれる時貞(渡辺いっけい)だったが、

やってきた番組ディレクターの藤井は宇海(岩田剛典)の正体に気づいた途端

「バリストンホテルを追い出された」という噂について宇海から聞き出そうとしていた。

 

 

一方、目前に迫った創立50周年のイベントで宇海は長年の

夢だった花火大会を実現したいと佐那(戸田恵梨香)に相談した。

 

天候に左右されるリスクはあるものの、

佐那はホテルの危機を救ってきた宇海の夢を叶えるためにも準備を始める。

この為に、花火師の資格をとっていた宇海。

実は裕子も持っていた。

 

 

そんな中、取材の企画書が当初聞いていたもが

『グランデ・インヴルサの真相』というスキャンダラスな

タイトルに変わっていることに気づいた裕子(川栄李奈)が

佐那に報告した。佐那も思い当たる付しがあった。

 

他の従業員たちもこの取材の異変に気付き始めていた。
聞かれることは、仕事の内容ではなく宇海のことだった。

 

 

そして、厨房ではハル(浜辺美波)から「バリストンでは花火を企画しなかったのか?」と

聞かれた宇海が「企画はしたが…」と何か隠している様子だった。

ハルは、「インブルサで叶えるために運命だったんじゃないですか?」と言った。

 

裕子に話を聞いた長吉(宮川大輔)が取材を止めた方がいいと

佐那に相談したことがきっかけで、

藤井が宇海の悪い噂を嗅ぎ回っていることは皆の知ることになった。

 

 

 

みんな宇海のことを信じていた。
佐那は放送内容を事前に確認する約束を取り付けたことを説明し

皆を安心させ、創立イベントを成功させるよう団結した。

 

 

宇海は噂に惑わされずに自分を守ろうとするスタッフたちの姿を見て

「バリストンホテルを追い出された」という噂を皆に話すことにした。

 

それはかつて企画した花火大会での失敗が原因だった。
そのときも自分で花火を打ち上げたと言ったが、反対され業者を呼ぶことになった。

 

 

しかしこなかった。
お客様を悲しませてしまった。

実は、一部の従業員に嫌われていた宇海。

 

直前に従業員からキャンセルの連絡をしていたのだ。

正装して謝罪をしようとしたが、スーツを着たら失神してしまった。
お客様に迷惑をかけてしまった。

 

後日、総支配人に謝りにいったら、逆に謝られてしまった。

従業員の教育がうまくいってなかった…と。

 

そして、このままホテルに残って欲しいと言われ、続けていたが、

もしかしたら私がここにいたらお客様に迷惑をかけてしまだたのでは…と思った。

そして、バリストンを出るときにこの件は口外しないと約束した。

 

 

 

宇海は、

「みんなが口外するような方ではないと信じ話すことにした。

今回のイベントは私の夢なんです。もし、このイベントをやるべきではないと

思うかたが一人でもいたら、しない…」と言うが、

 

「俄然やる気になりました!。話してくれてすっきりした!

お墓まで持っていきます!出来ることがあれば何でも言ってください!」

とスタッフはイベントに向けてやる気だった。

 

 

翌日も取材は続いた。
厨房では、イベントに向けて準備していた。
江口は…競艇ではなく、天気予報を聞いていた。

 

宇海は、佐那に
「賛同してくれてありがとうございました。あなたおかげです。」
と伝えた。
二人は、花火に対する思いを話した。

 

イベント当日。まさかの雨。

夜8時半までは待てる。それまで待つことにした。

 

しかし、天気はいっこうにやむ気配はなかった。
ロビーでは、花火を待つ人達。

 

そんなお客様の為に、従業員たちはお客様に最高のおもてなしをしていた。
そんな姿を見た宇海は何ができるか考えていた。

 

宇海が正装でみんなの前に現れた。
花火大会を開催するというのだ。

しかし、外は大雨。
打ち上げは難しい。

 

 

そんな状況で準備したのは、傘を辺り一面に吊るし、花火のようにしたのだ。

そして、奇跡的に雨が止み、風もなくなり、打ち上げ花火をあげることができた。

 

 

花火を見たなおみは、長吉に
「あんたのこと、好きじゃなくないよ。」
と、告白した。
「笑わへんよ。真剣なやつのことは。」

 

 

本当はみんなに謝りにきた宇海。

が、奇跡がおきて安心した。

みんなのことをおもうと、正装できました!
…と思いきや、気持ちが悪くて寝込んでしまった。

 

 

取材は今日で終了。
「放送が早まり、事前チェックができないがいいですか?」と藤井。

「私たちが見て、気持ちを害するような内容でしたら、

それ対応のことをします。」と佐那。

「そうですか、悪いようにはしません。楽しみにしていてください。」

と藤井は言って、帰って行った。

 

 

宇海にとある人が訪ねてきた。

「ホテルに戻ってこないか…」と。

 

 

 

「崖っぷちホテル」第9話の感想

 

 

なんだか、いままでになくイライラすることもなく見ることができた。
みんな声大きいし…と思っていたけど、

今回はそんなにしつこすぎることもなく…と言った感じだった。

 

どの世界でもろマスコミというのは嫌われものですね。

悪いうわさが好きだし。

聞かれたくないことをズカズカ聞いちゃうし。

 

どんな風に放送するのか、ちょっと興味深い。
宇海がホテルを辞めた経緯は分かった。

 

この人も苦労人なんだな…と思ったけど、

スーツを着れないんじゃあ、嫌う人もいるでしょう。

 

突拍子もなく、企画を提案され、そんな人が支配人だといやがる人なんてたくさんいるはず。
インブルサ人は少ないし、変わり者?も多いから、納得してくれたんじゃないだろうか。

 

宇海のおかげでお金も従業員の業務対応も、

崖っぷちだったこのホテルを再建できたんだから、感謝するのは当たり前でしょう。

 

しかし、あんな大雨だったのに、急に雨がやむやんて…奇跡としかいいようがない。

そんなにピタッと止むもんかね?あり得なくない?

 

花火パワーでなおみは告白しちゃってたし。

そこは笑ってしまった。

 

花火には不思議な力があるんですね。
宇海と佐那も…そこに恋が!?

と思ったが、そんなことはなかった。

 

あや、宇海はちょっと好きなの?かな??
スーツが着れないとか、冗談で言っているのかと思っていたけど、実は本当だったのねー。

 

本当に気分悪くなってしまうなんて。

そらって病気?
最後に、おじいさんが宇海を訪ねてきたけど、それはバリストンの関係者?

総支配人かな?戻ってこないか?って…

 

次回最終回。
さて、宇海は戻るのか!?

戻らないのか?が一番気になること。

 

そして、この密着は放送されるのか?

その放送の内容は??

 

スキャンダルにしては、薄い内容だと思うんだがね。

放送されて、インブルサではなく、バリストンが危機に陥る!ってなりそう。

 

そして、宇海はバリストンに戻る??
今のインブルサなら、宇海がいなくても崖っぷちは卒業して、人気のホテルになりそう。

 

人手が足りなくなり、スタッフ増員。なんてね。

競艇大好きの江口が、まさかの天気予報を聞いてたところは面白かった。

 

ハルも料理長らしく?なっているけど、相変わらすもな発言には飽き飽き。

自由にも程がある。あのしゃべり方もいらっとしちゃうんだよねー。

 

ここの従業員たちはいきなり現れるから驚く。

かげなさすぎ。

 

なかなか視聴率が、あがらなかったみたいだけど、納得。

せめて最終回は納得のいく終わりかたでお願いします。

 

 

 

 

-国内ドラマ
-

Copyright© VODドラマニア , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.