Contact to us

無料で見ることが出来るドラマや映画を紹介するサイトです。最新作や名作も多数。

VODドラマニア

ヒューマンドラマ 国内ドラマ

正義のセ 第6話の無料動画を視聴!ネタバレ、感想も。

投稿日:

注意!「正義のセ」第6話のネタバレ内容を含んでいます。

ドラマの内容を知りたくないかたは見ないことをオススメします。

 

 

「正義のセ」第6話が無料で見られる動画配信サービス

 

 

huluならたった月額933円(税抜き)で最新動画が見られます。

違法なサイトで見るよりも安全高画質です。

2週間トライアル期間があり、登録も解約も簡単です。

 

huluの無料トライアルとは?登録から解約まで徹底解説!

 

 

 

「正義のセ」第6話のネタバレ、あらすじ

 

 

 

凜々子(吉高由里子)は、同期・ユキの結婚披露パーティーに出席した。
全国各地に赴任している仲間たちが一堂に集まり、楽しい時間をすごしていた。

大学時代、凛々子のことが大好きだった神蔵にも会う。

大学時代、一目惚れし、追いかけ回されてしたこだ。

そして凜々子は、弁護士になった美咲(倉科カナ)と久しぶりに再会する。
大学時代助け合いながら勉強してきた似た者同士の二人。

進路を決める際、それぞれの正義を貫くために検事と弁護士という違う道を選んだのだった。
披露宴の帰り、凜々子は美咲を自宅に招き、竹村家みんなで歓迎する。

 

が、21時になりみんな寝てしまうのであった。
凜々子と美咲は、お互いの近況を報告しあった。

 

そして恋バナになると、なぜか大塚(三浦翔平)と

キスするシチュエーションが凜々子の頭に浮かんだ。
なぜ大塚さんと…?と戸惑う凛々子だった。

 

翌日、出勤した凜々子は相原(安田顕)に相談する。

相原は凛々子が飲み会で酔っぱらって寝てしまった時に大塚にキスしたことを話した。

凜々子は、大塚に謝ろうとするが、なかなか言い出せないでいた。

 

凛々子の新しいの担当事件は、オレオレ詐欺。

今日は被疑者が送致されてくる。

お婆ちゃんが、息子から電話があり、会社のお金を落とした…どうしよう…と。

その後、会社の人に電話を変わり、話を聞いた。

しかし、オレオレ詐欺ではないかと気付いたお婆ちゃんは、警察に通報。

その後家にきた犯人を警察に逮捕されたのだった。

凜々子は「オレオレ詐欺グループを一網打尽にしてやる!」と張り切っていた。

 

 

被疑者は、大学生の浅田謙人(岡山天音)。
彼は凜々子の取調べに対して、

「オレオレ詐欺なんて知らなかったんです。

軽いアルバイト感覚でやってしまっただけ。

大学近くで勉強していたときに、アルバイトしないか?

と声をかけられた。詐欺に加担しているとは知らなかった。

連絡はいつも相手からくるだけで、非通知だった。

詐欺に荷担していた縄やて。反省しています。」

と反省している様子だった。

 

そして浅田を担当する弁護士として港南支部を訪れたのは、美咲だった。

 

 

美咲は、浅田の釈放を要求。
しかし、凜々子釈放すると、仲間と連絡する可能性があるため、釈放は出来ないと拒否した。

美咲は浅田の言い分を信じ「ある意味、彼もオレオレ詐欺の被害者と言える…」と、守る姿勢だった。
こんなことで友達と気まずくなりたくない…と思う凛々子だった。

 

相原は、浅田がプレミアのある切符を持っていることに違和感があった。
しかし、大きな金融の動きがない…ということで、浅田の家に行ってみることにした。

浅田は鉄道ファン。

相原も鉄道ファンでいつになくテンションの高い相原だった。

 

次に大学にいくことにした二人。
浅田の成績は特に悪くはない様子だった。

授業担当の先生に会いに行った。

そんなとき、ある不審な男性に会う。

彼は、浅田の代わりに授業に出ており、1学期分2万円で頼まれていたのだ。
浅田は普通の大学生ではなかった…

 

 

大学の同期から「今飲んでいるからこない?」と連絡があり、会いに行く。
そこには神蔵もいて、なんでー!?と戸惑う凛々子だった。

そしてそこにも美咲が現れる。

気まずい二人。
同期が同じ事件を担当していることに感動する神蔵だった。

詳しいことを言えない凛々子だが、美咲と言い合いになってしまった。

美咲は、浅田に会いに行った。

大学に友達はいないか聞き、コバヤシタクヤが友達だと言った。

凛々子のもとに、浅田の身代わりになっていた男から連絡が入る。

「大学で、浅田くんが捕まったって話題になっています」と。
相原と凛々子は、SNSを見ると、浅田が捕まったと書き込みを見つけた。

そして、コバヤシタクヤという人物も怪しいという情報を入手。

 

 

その時、美咲はコバヤシに会っていた。
何も関係ないと行っていたが、話が終わるとコバヤシの、後を追った。

「なにも話していません」となものかにに電話をしているコバヤシを目撃。
尾行すると、凛々子から連絡が入る。

「凛々子…私間違ってたかも」
と電話を切り、尾行を続けるとオレオレ詐欺のメンバーが集まっている部屋にたどり着いた。

 

 

「こんなはずじゃなかった…」
「どうしよう…」

と話しているメンバーを動画に収める美咲。

が…美咲は物音を立ててしまい、見つかり襲われそうになったところで、凛々子と相原が現れる。
襲いかかろうとしたコバヤシ。

 

「うるせぇジジイ」という言葉にキレ、相原はコバヤシを押さえるのであった。
その後、身柄を警察に渡し、安心した3人。

 

結局、大学のOBが声をかけ、その後浅田が友達を仲間に引き入れた。
その後役割を作り、詐欺を日常的に行っていた。
捕まってもなにも知らないと言うようにしていた。

 

 

「大学は退学ですよね?会社に入れないじゃないか」と、浅田。
「あなただって、人の人生を踏みにじんでるんです!反省してください!」

と凛々子は言った。

「はい。すいません」と反省する浅田。
「一つ付け加えると、あなたの人生は終わりではない。

やり直しがききます。そのために検事や弁護士がいます。

だから諦めないでください」と相原は浅田に伝えた。

 

美咲は浅田の弁護を続けることにした。
「大変な仕事だね。無理なこと言われたり。

裏切られたり。でも、凛々子見てたら思い出したよ」

「お互い正義のみかたになれるのうに頑張ろうね。」
と二人は固く握手をし、またやる気が出たのだった。

 

これで事件は一段落…
が、大塚との件は間だ解決していなかった。

「先日はすいませんでした!」
とやっと謝ることができた凛々子だった。

 

 

 

「正義のセ」第6話の感想

 

だんだん検事らしく?なってきた凛々子。
でも、感情を出してしまうのは相変わらず。

その感情の出し方を見ると、イライラするのは毎度のこと。

最近よく出てくる同期。

その人たちも綺麗だった。

そして同期で親友が倉科カナだなんて。

綺麗所が揃ってますね。

男の人は、やはり綺麗な人が好きなようで。

みんなデレデレだった。

そんな親友との対決になった、今回の事件は、長年社会問題になっているオレオレ詐欺。

詐欺をしている方は、軽い気持ちなのかなー。

お金欲しさ…なのか。

大学生がやっちゃう世の中だからね。

怖い怖い。

思い立ったら行動してしまうのは、美咲も一緒だった。
犯人を追いかけてしまうなんて。

後先考えないで動くのは、このドラマの登場人物あるあるかな。

ちょうどいいタイミングで電話を聞いてしまい、

ちょうどいいタイミングで凛々子から電話がある。

そして助けてもらう。

なんてタイミングがいいのでしょう。
相原がプロレスマニアだったなんてね。

初耳だった。相原…いったい何者!?

面白い小姑みたいなおっさんだね。

電車のことについての食いつき加減はすごかった!
検事は事務官と二人で行動するが、弁護士は一人で行動するのか…

違いの一つ。二人でいたほうが、何かと安心。

やっぱり正義感の強い二人。

そんな二人なだけに、突っ走るといいことも悪いこともあるみたい。

検事と弁護士は情報をはなしてはいけないということを初めて知った。
家族にも話しては行けませんよね…?

今回もほぼほぼ話していた気がするけど…。

毎回気になる。

そんなに話して大丈夫?

凛々子と大塚がキスしてしまった事件。

まぁ、酔っぱらいだったけど。

結局相原から真相を聞き、凛々子が気付いてしまう。

それを大塚に言うのか言わないのかでワタワタしてた。

結局は言ってしまうんだけど。

言うまでに時間がかかること。

早く言えばいいのに!

なんで言わんのー!?

ってちょっとイライラした。

ワタワタする大塚。

ちょっと可愛らしくて良かったなー

あんなイケメン検事とかいるのかなー

今後、恋人になる…

とかあるのかな?

まあ、そんな恋も頑張りますーお仕事も頑張ってます。

ドラマか。

倉科カナと、吉高由里子を見てたら、

どうも吉高由里子の演技のぎこちなさが際立って見える。
アヒル口。いらっとする。

次回は相原のこと。

父と娘のこと。

 

相原のキャラが好きになってきたから楽しみにしておこう。
検事のドラマより、相原が主役のドラマが見てみたいなー!

絶対楽しいと思う!

 

 

-ヒューマンドラマ, 国内ドラマ

Copyright© VODドラマニア , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.