無料で見ることが出来るドラマや映画を紹介するサイトです。最新作や名作も多数。

VODドラマニア

国内ドラマ

崖っぷちホテルの第8話の無料動画を見放題で視聴! 動画の感想とネタバレも

更新日:

注意!「崖っぷちホテル」第8話のネタバレ内容を含んでいます。

ドラマの内容を知りたくないかたは見ないことをオススメします。

 

 

「崖っぷちホテル」第8話が無料で見られる動画配信サービス

 

 

huluならたった月額933円(税抜き)で最新動画が見られます。

違法なサイトで見るよりも安全高画質です。

2週間トライアル期間があり、登録も解約も簡単です。

 

huluの無料トライアルとは?登録から解約まで徹底解説!

 

 

 

「崖っぷちホテル」第8話のネタバレ、あらすじ

 

この日、ホテル・グランデ・インヴルサにやってきたのは、豊かな自然資源を持つマナヒラ王国という国の7人の王女様たちだった。
連日来日がニュースで取り上げられる国の重要人物たちがなぜかこのインヴルサに宿泊に来る。

浮き足立つ一同だが、時貞(渡辺いっけい)はもし何か失礼を働いて

自分たちのせいで国交断絶にでもなれば国の嫌われ者だと騒ぎ、ホテルの大ピンチだと危機感を煽る。

政府からは連絡があり、「粗相がないように…」お忠告された。
王女が来るや、ご機嫌ななめ。

王女がご機嫌ななめな理由は、次期王位継承についてもめているとのこと…
従業員たちは、対応にお待っているが反対に宇海(岩田剛典)はホテルの認知拡大の大チャンスとはりきる。

 

いざやってきた7人の王女は現在次期王位継承について絶賛争いを繰り広げており、非常に不機嫌な状態であった。
お母様が日本人な7人は日本語が話すことができる。

王様は別のホテルに泊まっており、娘たちは王の思い出のホテルに泊まらせたかったという。

王女たちから、「ベッドメイクがなってない」「イケメンを発注したい」など、

様々な注文が繰り広げられる中、佐那(戸田恵梨香)がナディアを部屋に案内すると、

彼女らのホテル滞在の目的がかつて王が経験した『忘れられないディナー』を

体験してこいと命じられたからであることが発覚する。

 

時貞は焦っていた。
「最大の目的は、王様がこのホテルに宿泊に泊まれと命令したことだ!」

宇海はまず、「皆様の要望に答えましょう!チーム編成にし、

各担当者対応するようにしましょう。料理人二人は、料理を。」

宇海は今回の王女の接客を「インヴルサの総力戦」と名付けた。
イケメンを要望された部屋に服部が行くと。どうやら気に入ってもらえたようだ。

 

 

ハルはレストランを見学していたナディアに、声をかける。
「お父様はいつこられたんですか?その時の思い手間のディナーってどんなのですか?」

「知らないんですか?海外でできた知人がいたらしく、お母様ときたみたいです。何を食べたか…そこまではわからなくて…」
ハルは有力な情報を得ることが出来なかった。

 

それぞれが全力で応対する中、なぜか様子がおかしい大田原(くっきー(野性爆弾))。
「写真ばっかり見てないで…なにかなあの?」

「大田原市さん!もしかして恋をしましたね?」
見ていたのは長女のイレイサ!

イレイサかー!とみんな驚いていた。

 

従業員たちが色々と考えていると…
「支配人にお伝えください!イレイサ様たちがお帰りになるそうですー!」と慌ててやってく?。

「あら。奇遇ね。私たちも帰るわ。」
とロビーでもめていた。

 

 

「お姉さまたち帰るの?お父様の言った食事も食べないで?いい加減にして!お父様が言ったことには意味があるはずよ!」
と自由すぎる姉達の行動にナディアは呆れていた。

 

厨房では、ディナーの準備を始めていた。が…感動のディナーの情報はまだない…
なにか情報を!とハルは服部に情報を探るようにお願いした。

 

時貞は焦っていた。
「早くご機嫌直してよー!」

そのとき、宇海は行った。
「違うんじゃないですか?私たちホテルマンはしなきゃいけないことはして当たり前です。

ホテルマンはその先を考えなければいけません。

今日の目標はワクワクして仕事をする!頑張っていきましょう!」

「では、どうしたら?」
「それはみんなで考えましょう!」

 

ベッドとテレビを依頼したのに帰ろうとして…とみんなは思いつき、動き出した。

 

 

厨房では試作が続いていた。そこに本日の業務目標を聞いたハルは、
「なるほどー江口さん決まりました!私たちは、作りたいものを作りましょう!」

 

従業員たちは、考え動き、国特産品を使ったカクテルを提供したり、テレビの衛星中継をながしたり、国でのベッドメイクをした。
初めての海外だと言うことを聞きまして、こういうことなのかと…。

 

ナディアはどうやったらみんな仲良くなれるか悩んでいた。
佐那は兄の話をした。

「たくさんの人に迷惑をかけたんです。次会ったら、抱きしめてあげようかなと。

私には皆様かまどうやったら仲良くなれるかわかりませんが、仲良くなれることを祈っております。」

 

あとは、ディナーだった。
ハルは、何も思い付かなかった。そんなとき、江口は

「ちょっと外の空気吸ってこい。お前が作りたいものができたときすぐに作れるよう、準備しておくから。」
ハルはが外にいくと、ナディアがいた。

「お互い笑顔になれるようにするには、私は何ができるかと考えていました。

昔は楽しく遊んでたのに。でも、今は何も考えてなくていいねって言われるんです。」

「分かります!私も言われます。私たちにも悩みがありますよね。」
「楽しいことは好きだけど、いつのまにかからっぽな人になるんじゃないかって。

探したんです。何か。それは父の背中でした。料理をする父。

これだ!と思いました。それで勉強したんです!」

「それだ!それなんですよー!私もそうです!お父さんの背中でした。

困ったとき自信をもって大きく深呼吸してから…」

「私、戻っていいですか?絶対忘れないディナーにしますから!」
とハルが言ったとこで、停電が起きてしまった。

 

 

お客様は全員非常灯のある部屋へ移動した。
ハルは、停電していることが、「チャンスだ!」と言った。

 

江口は皆に、
「もう少しだけ時間を下さい。どうしても召し上がってもらいたい。」と言った。

王女たちは、ディナーを待つことにした。
停電した館内は、キャンドルを灯していた。

ハルが作ったディナーは魔法のお鍋。
鍋料理を食べたことがない王女たち。が、食べて楽しくなってきた。

 

「これは、好きな人のと食べると笑顔になってしまう魔法がういているんです。

食べると笑顔になります。それが鍋です。

みんなが食べている姿を想像したらワクワクしました。」とハル。

 

 

イレイサが話し出した。
「王位継承の話。私は継ぎたくはないわ。継ぐべきなのはナディアよ。」

「え?私が言おうとしてたのに。」

「突然言われても困る!」

そしてナディアは、全員分の鍋をつぎ分け、
「もし、私が王になったら、私と一緒に歩んでくれますか?笑ってくれますか?笑顔でご飯をたべてくれますか?」

と聞いた。

「もちろん。当たり前じゃない。」
「では、私は王になります。」

そのとき、停電は解消された。姉妹は楽しく食事をした。
従業員たちは、楽しく食事をしている王女たちを見て安心した。

 

翌日、王女たちは帰っていった。
大田原は、一緒に来る?と誘われたが、私にはホテルがありますので。と断ると、お礼だけ。とキスをした。

「最高の料理は食べましたか?王は蟹を食べたと。奥様方10杯以上食べて思い出に残ったと…。」

え、蟹!?とみんなは驚いた。

 

 

 

 

 

 

「崖っぷちホテル」第8話のネタバレと感想

相変わらず、わっちゃわちゃしている人々。

個性的な従業員で、声が大きいもんだから、わちゃわちゃ。

登場人物多すぎると疲れる…!

国王の娘たちが泊まるなんて、そんな都合のいいことある?

もっと格式高いホテルに泊りそうなんだけど…いくら思い出のホテルだからって…

無理にもほどがある気がするんですけど…

その思い出が何か聞かずに来るなんて…せめて効いてきてよ。

しかも、母親が日本人だから家族は日本語を話す。

本当にこんな国王家族がいたらすごいなぁ…
全員女。しかも継承者争い中。どこの国も大変ね。

ホテルのドラマとして見れば、今回はホテルマンとは。

ということを考えさせられた内容だった。

お客様の要望はワガママなんでしょうか。

限度はあると思うが、ある程度は希望を叶えてあげるのがホテルマンだし、サービス業だと思う。

今回の要望の内容は、どうしてほしいのかを言わないのが難点だったが…

そもそも、ホテルマンのすべきことが分かってなさすぎる従業員は酷すぎる。

なぜホテルマンになったのか。ってとこから始まるんだけどな。そんなホテルには泊まりたくない…。

宇海は、いいこと言うし、結局はみんなをまとめている。

 

答えを全て教えるのではなく、答えを導くように教えている。

この教え方は、素晴らしいと思った。

しかし、ラフすぎる格好で副支配人だって思われないのは毎度のこと。

今回はみんな頑張ったけど…

分からないけど分からないなりに、自分の思いを込めた鍋料理をした、ハル。

鍋って、一人ではなかなか食べないし、大人数で食べると楽しくなる。外国にはない文化か。
当たり前と思っていることって、外に出てみないとそれが特別だってことがわからないもの。

ただ、ワガママ王女だからかもしれないが、海外に行くと言うことは、その国を楽しむことだと思う。
国のテレビを流したり、ベッドメイクをしたり…んん…なんか違うきもするが。その国を楽しめばいいのに。

ワガママに育てば、ワガママを誰にでも言っていいということか。
ホテルマンは大変。お客様の要望に答えようとするとこ。それが仕事かもしれないが…。

あの停電は、宇海が仕掛けたこと…ではないと言っていたが、本当は仕掛けたんじゃないかな~

でも危機が皆をひとつにして、ピンチをチャンスにできると信じたハルはすごいなぁと思った。

まんな宇海の考えに似てきたと思う。
最終回まで、みんながどう成長するか。や、その成長遅いんだけどね。

もうだいぶん経験してる人ばっかなんだけどね。

 

 

 

 

 

-国内ドラマ
-

Copyright© VODドラマニア , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.